FC2ブログ

【レビュー】CD-01 合金完成品 1/72 四聖獣 青龍 藏道社


藏道社CD-01アストレイベース魔改造青龍レビュー転載
※今回のレビュー対象はサンプルを使用しており、製品版とは若干異なる場合がある。
※化粧箱仕様未公開
S473_CD_01_TM_seiryu_001.jpeg



本キット数多くのオプションパーツが付属され、フル装備状態ではなかなか迫力を感じる
本体は門神として信仰されている秦叔宝(しん しゅくほう)+アストレイに基づいて設定されている。
高さ28cm
最初はTM社によって、ガレージキット化前提で設計されたが、その後、藏道社で合金完成品として発売することに決定。
このようなガレージメーカと完成品メーカのコラボ方法は初めての試みであり、
今後第二弾の白虎もおなじような役割分担で製品化されるのであろう。
S473_CD_01_TM_seiryu_002.jpeg

太刀四本懸架可能。第2収納形態は後程ご説明。
S473_CD_01_TM_seiryu_003.jpeg

裏側二本テール状パーツにワイヤ内蔵。
S473_CD_01_TM_seiryu_004.jpeg

軽装状態。基本ダイキャストは本体下半身に集中しているため、
バックパックを取り除いてもあまり軽くなっていない
S473_CD_01_TM_seiryu_005.jpeg

全身スミイレされておらず、購入者にて実施する必要がある。
S473_CD_01_TM_seiryu_006.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_007.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_008.jpeg

マスクオーブン状態のフェイスパーツは頭を丸ごと交換することで実現可能。
※初回特典の頭を使用。
S473_CD_01_TM_seiryu_009.jpeg

特典にはヘッドのスタンドも付属
S473_CD_01_TM_seiryu_010.jpegS473_CD_01_TM_seiryu_011.jpeg
S473_CD_01_TM_seiryu_012.jpegS473_CD_01_TM_seiryu_013.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_014.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_015.jpeg

発光効果、LEDは胸に内蔵されて、ツインアイの発光効果が悪い。
S473_CD_01_TM_seiryu_016.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_017.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_018.jpeg

肩の引き出し機構
S473_CD_01_TM_seiryu_019.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_020.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_021.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_022.jpegS473_CD_01_TM_seiryu_023.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_024.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_025.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_026.jpeg

ハンドパーツは以下の3種類付属
S473_CD_01_TM_seiryu_027.jpegS473_CD_01_TM_seiryu_028.jpegS473_CD_01_TM_seiryu_029.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_030.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_031.jpegS473_CD_01_TM_seiryu_032.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_033.jpegS473_CD_01_TM_seiryu_034.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_035.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_036.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_037.jpegS473_CD_01_TM_seiryu_038 - コピー
S473_CD_01_TM_seiryu_039 - コピー
S473_CD_01_TM_seiryu_040 - コピー
S473_CD_01_TM_seiryu_041 - コピー
S473_CD_01_TM_seiryu_042 - コピー
S473_CD_01_TM_seiryu_043.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_044.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_045.jpeg

ここはアストレイそのままのように見えるが、保持力はかなり改善されている。
S473_CD_01_TM_seiryu_046.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_047.jpeg

巨大ブースター装着
S473_CD_01_TM_seiryu_048.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_049.jpeg

2種類目の懸架方式
S473_CD_01_TM_seiryu_050.jpeg

青龍偃月刀を彷徨する武器を手に取ると、まさに門神の名にふさわしいものだ。
S473_CD_01_TM_seiryu_051.jpeg

刀身はプラ製で、長細い取ってはメタル棒を使用。
S473_CD_01_TM_seiryu_052.jpeg

付属のスタンド、LED発光機能あり
S473_CD_01_TM_seiryu_053.jpeg

フレキシブルアーム。ストレスなしで青龍を支えることができる。
S473_CD_01_TM_seiryu_054.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_055.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_056.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_057.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_058.jpeg

S473_CD_01_TM_seiryu_059.jpeg

関連記事

コメント

非公開コメント