FC2ブログ

【レビュー】夜の騎士 KNIGHT OF DARK SKY プラモデルキット

NONZERO STUDIO 零非智造社
夜の騎士 KNIGHT OF DARK SKY プラモデルキット
レビュー転載


S475_NONZERO_STUDIO_review_060.jpg

フレームはプラスチック製、合金パーツなし、可動優秀、動かす際に関節の動きがなめらか
S475_NONZERO_STUDIO_review_001.jpg


全身外装甲装着しても、全身もしっかりしていて、ゆるゆるにならない。
外装甲は半艶消しで、素組でもある程度の質感を出せる。
もともとのパネルラインディテール、パーツによる色分以外、
全身水転写式デカールによるディテールを追加、情報量アップ。
水転写式デカールは今までの中国プラモデルの中で一番優秀、
印字がとてもはっきりしているだけではなく、エッジ不要部分のカットもきちんとしている。
全長は24cm、ガンダムで例えると1/72スケールほど
武器、握りてを組み立てるとき、力を入れる必要がある。
一部のパーツはアンダーゲードになっていないので、若干目立つ。
S475_NONZERO_STUDIO_review_002.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_003.jpg

膝両側、下腿部脛パーツが太く、上半身と下肢のバランスを崩しているといわれているが、
製品版では、それほど顕著ではなかった。
S475_NONZERO_STUDIO_review_004.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_005.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_006.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_007.jpg

ヘッドLEDユニット付属、
S475_NONZERO_STUDIO_review_008.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_009.jpg

取説では間違えた記載がされている
電源の接続コネクターは以下のように取り付ける。
赤ケーブルはプラス、黒ケーブルはマイナス、上図胸の接続先に対応させる必要がある
S475_NONZERO_STUDIO_review_010.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_011.jpg

ケーブル内蔵のため、ヘッドの可動域が若干制限される。
S475_NONZERO_STUDIO_review_012.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_013.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_014.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_015.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_016.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_017.jpg

前後の動きは良好、腰左右の動き幅が広く、仰向き角度が若干する狭いが、
前倒しの角度は70度ほどに達している
S475_NONZERO_STUDIO_review_018.jpg

肩前後動かすときに、胸両側、肩上部両側のパーツと連動するので面白い
肘曲げるときもほぼ160度ほど完璧な角度になっている
S475_NONZERO_STUDIO_review_019.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_020.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_021.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_022.jpg

上下肢付け根部分に関節ロックが搭載されているので、
特定の角度に回転しないと上下肢を取り外せない。
関節ロックギミックは下図の付け根部分と股関節下部にある。
S475_NONZERO_STUDIO_review_023.jpg

矢印部分間違えて切らないように
S475_NONZERO_STUDIO_review_024.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_025.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_026.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_027.jpg

個々1mmほど削ることを推奨
S475_NONZERO_STUDIO_review_028.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_029.jpg

面白いことに、腕関節は2段式可動、通常のボールジョイントではなく、
上下、左右、動かすときに、二つの関節で別々で機能している。
などの通常のハンドパーツの置き換えもいままでのガンプラと異なる。
S475_NONZERO_STUDIO_review_030.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_031.jpg

フロントアーマは上部にスライドも、軽微な左右回転も可能
S475_NONZERO_STUDIO_review_032.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_033.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_034.jpg

リアアーマは比較的にシンプルな構成。
S475_NONZERO_STUDIO_review_035.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_036.jpg

サイトアーマは巨大は作りになり、パーツ状、上下2部分に分けれる。
下部のサイトアーマは両側に回転、さらにひっくり返すのも可能。
S475_NONZERO_STUDIO_review_037.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_038.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_039.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_040.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_041.jpg

下腿部足首に近い部分も足左右の動きに連動し、スライド可能。
もちろん足上下動くとき脹脛パーツの連動もある
S475_NONZERO_STUDIO_review_042.jpg

足裏、踵部分のパーツも可動(このような構成が初めてではないかと)、接地性をさらに向上
S475_NONZERO_STUDIO_review_043.jpg

膝関節曲げるときの連動ギミックは見事な見栄え、ぜひ体験してみてください。
S475_NONZERO_STUDIO_review_044.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_045.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_046.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_047.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_048.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_049.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_050.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_051.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_052.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_053.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_054.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_055.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_056.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_057.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_058.jpg

S475_NONZERO_STUDIO_review_059.jpg


以下は参考動画

関連記事

コメント

非公開コメント